SDGsについて考える

 

 

 

 

「継続可能な開発目標」とは

2001年に策定されたミレニアム開発目標の後継として、2015年9月の国連サミットにおいて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール、169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

 

 

      ラポージェ SDGs宣言

 

株式会社ラポージェは

きもの縫製・機械開発を通じて

誰もが健康で幸福な社会をめざし

SDGsに取り組んでいきます。

 

 

 

ものをつくりだす意欲を守ることで

持続的に地域雇用を生み出し、

地域に根ざした新しい働き方を常に考えます。