和ッサイクルというお仕事

和ッサイクル
和ッサイクル

和ッサイクルが生まれて、20年たちました。

 

当時ブームになっていた、着物の生地で作る洋服に疑問を持ち、『着物は着物へ。』という思いのもと、今一度着物として愛用していただくためのお手伝いとして発生した『和ッサイクル』でしたが、当初は、デザイン画一つとっても手描きで大変時間がかかり、大切な継ぎの工程もなかなか思うようにはいかず、お客様に安心して取り組んでいただけるお仕立にすることは大変難しい仕事でした。

 

しかし、和裁用に開発したミシン『和裁工房・卑弥呼』により、斜め・市松・縞を自在に、美しく継ぐことが出来るようになり、デザインのバリエーションが広がりました。

また、PCの普及に伴い、自社開発のデザイン画の作成ツール『データベース祐遊』を使いデザイン画をデータとして作り、忠実に出来上がりのデザインをお客様に確認いただくことが出来るようになりました。

 

そうした技術の進歩により、一枚の着物にストーリーを創造する『きものがたり』の時間をお客様と共有させていただいております。

 

受け継がれていく・譲る心・物を愛おしむ心を大切に、日夜取り組んでいる『和ッサイクル』についてでした。

 

(写真:二十歳 今様振袖和ッサイクル ピンク無地+ピンク絞り羽織)